マイニングシティなどのネットワークビジネスでは、悪い評判も時折耳にします。

私にとってはネットワークビジネスについて全く知識がない中で、マイニングシティなどのネットワークビジネスを知る事になったので、悪い評判、良い評判、両方に対して中立な立場で考えることができました。

実際、マイニングシティなどのネットワークビジネスに参加して分かった、「悪い評判」と「良い評判」両方について、実体験をもとに評価していきます!

   

マイニングシティは本当にミーティングが多いのか、リアルな声を聞いてみた

マイニングシティなどのネットワークビジネスのリーダーは、ミーティングへの定期参加しています。

私が体験したA社についてまとめてみました。

A社は、月初に他地域のアップのミーティングに赴いています。

3日に1回の割合で、一番近い地域のミーティングに参加しています。参加費は大体1000円です。

ミーティングは、ピンを取得した人が90分ほど話をします。

ただ、内容は「勉強になること」が多いです。

「製品の良さ」「栄養学」「物事の捉え方」「社会の動向」などを話し、その中でのマイニングシティの位置付けを説明します。

もちろん、A社の仕組みの説明もあります。

あと、横浜の講演や大阪のパーティーに参加しています。

参加費8千円~2万円と高いです。

マイニングシティなどのネットワークビジネスミーティングは非常にいい内容だと思います。ただ、会社勤めの人間にはそんなに頻繁には参加できません。

「ダウンに頑張れとハッパかけているように見える」という声も聞きます。

それが悪い評判が立つ一因ではないでしょうか。

   

良い評判…ミーティングが非常に勉強になる

悪い評判…頻度が多く負担になる。勧誘を強いられている印象

     

マイニングシティはイベントが多いか調べた

会社にもよると思いますが、マイニングシティなどのネットワークビジネスは、シャンパンパーティーなどのイベントを頻繁に行っているようです。

もし平日の夜あると、次の日の仕事に響きますよね。

バドミントンなどのスポーツも定期的に行っていたり、アップが住んでいる自宅で年に何回かパーティーがあると、交通費がかさみます。

グループによっては、毎月の食事会などもあります。

イベントの評判ですが、イベント時はマイニングシティの勧誘は一切なく、話も滅多に出ませんので、イベント自体は楽しめます。

ただ、時間・費用がかかり「勧誘するのにそんなに集まらないといけないのか」と否定的に考える人もいます。

それが悪い評判につながっているのかもしれません。

良い評判…純粋に楽しい

悪い評判…頻度が多く負担になる

   

ボーナスの壁が高い?マイニングシティの報酬プランを知ることも必要

いろんな会社で様々な報酬プランがあるので、自分に合った報酬プランを選ぶのも会社を決めるポイントですね。

A社の場合、購入金額に対するキャッシュバックがあまりにも少ないです。

一人でボーナスを得るには、3万PV(約4万2千円分の製品購入)が必要です。それで購入額の約3%が還ってきます(例.3万PVの場合、3万×3%×1.4円=1260円)

しかも、グループ合計の購入金額が150万PV(約170万円)以上にならないと、キャッシュバック率は20%を越えられないようになっているですよね…。

マイニングシティなどのネットワークビジネスでよくある流れが以下です。

・なかなかダウンができない。

・毎月コンスタントに3万PV分は到底購入できない。

・ボーナスもらえない

・モチベーションが下がる

・辞める

使い切るのに時間がかかる製品(シャンプー、洗剤、歯磨き粉など)は、購入頻度が低いので購入可能だが、毎月買わないといけないサプリは、一般人は継続できません…

ただ、もしたくさんのダウンさんを獲得することができれば、A社は他のネットワークビジネスよりも多くの収入を得ることも可能です!どの程度収入を得たいかで報酬プランと自分の目標が合うところを選ぶのがよさそうですね。

良い評判…たくさんのダウンを作れば、高収入につながる

悪い評判…ある程度のダウンを作らないと、収入がない

   

マイニングシティのイメージと実態

先述のとおり、マイニングシティは口コミのみで紹介しており、会員にならなければ製品を購入できません。

いわゆる「ネットワークビジネス」「マルチ商法」というものです。

そして、マイニングシティなどのネットワークビジネスで勧誘活動をしている人達の多くが、実は違法ギリギリの勧誘行為を行なっているようです。

マイニングシティの場合、紹介する際は自分がマイニングシティの会員であることを相手に伝える必要があります。

ほとんどの人達は、パーティーやイベントなどと称して誘い、マイニングシティの説明を始める人が多いです。

自分が説明を受けた時もそうでした。

稀にですが、ボーナスがなかなか入らないので、登録するまで帰さないといった強引な勧誘をする人もいるそうです。

自分は、マイニングシティの事を何も知らないふりをして、何人かの知り合いに聞きました。

すると、多くは本人や知人が「しつこく勧誘を受けて嫌だった」と言っていました。

中には、「マイニングシティという会社はいいが、やっている人が嫌い」という人もいました。

自分の周りの評判も概して悪いです。

悪い評判は、一度つくとなかなか離れません。

人は、良いイメージの喜びより悪いイメージがついた時の方が心に残りやすいです。

人は誰しも物事に対して「ラベル」を貼ります。ラベルは意識的に努力しないと剥がれません。

そのためには、その物事に入り込み知ろうとしなければなりません。

しかし、普通は評判が悪い物事に入り込もうとしません。なので、悪い評判のままです。

ただ、マイニングシティのイメージを全く持っていなかった自分は、興味を持っていろいろ知ることができました。

以上より、マイニングシティ自体には何の問題もないが悪質な勧誘をする人達がたくさんいることで、悪い評判が広まったと考えられます。

マイニングシティなどのネットワークビジネスは収入を増やす一つの手段ですが、上記のような評判の影響で「マイナスからのスタート」のようなものです。

余程、勧誘に自身がある人でないと難しいと思います。

日本でのマイニングシティ登録者は約70万人ですが、悪い評判が影響しているのか、登録者の9割が製品利用のみです。

高品質な製品を気に入っている人も多くいます。

悪い評判…事前にマイニングシティの説明するという連絡がない。人によっては強引。

    まとめ

マイニングシティなどのネットワークビジネスは、良い評判だけでなく悪い評判も立つので、余程勧誘に自信がない限り、グループを作り権利収入を得るのは難しいと思います。

また、会社の所在地も不明になっている点は怪しいですね。 「製品利用だけにする」「頑張って勧誘する」「興味ないから利用しない」など、各人の意志・向き不向きを考慮して、関わればいいのかなと思います。